Slicer変更 (Cura)

Chopper生まれました。

まだサポート材がついている状態、これから発掘です。

 

3Dプリンタのスライサですが

初めにプリンタに附属していたCuraを使っています。

どうも不満があり(後述)、なんとかしたいと思っていたところ

CuraのHPで情報収集したところ大分バージョンが違っているような。。。

元々Cura15.04がついていたのでそれを使っていたのですが

なんか2017.09.10現在の最新はCura2.3.1(32bit)らしいのでインストールしてみた。

大分改善されている。。。。よくなっている。。。。

 

まあ、どんな不満があったかというと

①サポート材ってこんなもん?

②動きがあらくない?

等々なのですが

 

まず、両バージョンで成形したものを比較すると

2017-09-10-16-25-362017-09-10-16-25-59

左の写真で見ると左が2.3.1、右が15.04

帽子の後ろの部分でサポート材の生成が全然違います。

旧バージョンではサポート材が生成されませんでしたので

フィラメントが空を切っていました。

また、右の写真ですが(左が2.3.1、右が15.04)

解りづらいですが、旧バーションサポート材の生成が雑(多分フィラメントを戻しながらヘッドが高速で動く?)なので

Chopperのかかとの下の部分が全然違います。

なので、もし2.3.1等旧バージョンをお使いの方はバージョンアップをお勧めします。

勿論不具合起こしても当方責任は取りかねますが。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です